【怖い話 実話】夜1時頃2chのオカ板読んでたんです。 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】夜1時頃2chのオカ板読んでたんです。

今までの人生で最高に恐かった話をカキコ。

それは1年前まで一人暮らししてた部屋での話です。

ある日いつものように、夜1時頃2chの

オカ板読んでたんです。

IMG_1324s.jpg


しばらくして、いつもは平気なんだけど

段々恐くなってきて、

「もしかして何かを呼んでしまった?」と思い、

恐いので全然恐くないページでも行って、

やり過ごそうと

他のページのチャットでデタラメの恋話の

相談とかしてた。

それでも全然恐怖心が消えなくて、TVの

スイッチを入れようと

手を机にのばしたとき、いきなり膝を

ガッと捕まれたんです。

もうその時、私は半泣きです。

一人暮らし、PC机の下には人が

入れるスペースなんか無い。

時間にしたら約1分ぐらい、その手は

少しずつ力を緩め消えてゆきました。

その後、おそるおそる見てみたけど

やっぱり何もありませんでした。

それからは、ホント地獄の日々でした。

トイレでドアを閉めようとしたら、向こう

側から腕を捕まれたり。

電気をつけようと手をのばすと暗闇の

向こうからとか・・・。

ひっきりなしに出てくるんです。

友達や親、彼氏にも相談したけど、

心配して見に来てくれてるときには

出てこないんです。

そのうちなんか私を気味悪がって

「その話はするな」とかいわれて・・・。

でもその手は、じーっと我慢してると

消えて行くので、恐いけど我慢していたんです。

(ビンボーなんで引っ越しは出来ませんでした)

でも異変が起きたんです。

ある日、外から帰ってきて扉を開けると

チェーンが掛かってたんです。

出るときに自分でチェーンが

かけられるわけもなく。

友達も親も彼氏も気味悪がって

この部屋には寄りつかないし。

これはあの手か泥棒だと思い、

扉を閉めようとしたんです。

すると向こう側からあの手が・・・。

いつもはしばらく我慢してると、

段々消えていくのに

その時は段々力を込めてきたんです。

もう恐いし、いたいしで、もう片方の手で

引き剥がしに掛かった、

それでも全然効かなくて、今度は

手を一気に引こうとしたんです。

それでもダメで、時間にするとここまでで

5分は掛かってます。

夜とはいえ、近所の目もあるし、

段々腹立ってきて

「いい加減にして、どっかいけ!」

って心の中で叫んだんです。

そしたら扉の先は何も見えなかったのに、

男の人がすんごい形相で立ってるのがみえて、

「俺を呼んだのはお前だ」って呟いたんです。

とうぜん「私は呼んでない」って叫びました。

そしたら10㎝にも満たないドアの隙間から

その男がニューって出てきて消えていきました。

後日談は、その日は彼の家に泊まり

次の日、彼についてもらって家に帰りました。

チェーンは掛かってなかったです。

身の回りの物だけ持って家を出て

後日、業者に任せて都内の

実家に引っ越しました。

今でも忘れられないのが、

扉の向こうにみえた怒り狂った顔と

ニューッと出てきて消えていったときの

あの哀しそうな顔です。

今でも私の腕にはうっすらあの時の

あざが残ってます。



関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます