【怖い話 実話】おととしまで住んでたアパートの話。短編 まとめブログ - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】おととしまで住んでたアパートの話。短編 まとめブログ

おととしまで住んでたアパートの話。

引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき

「ちょっとした縁で安くできるから」と

そのアパートを不動産会社から紹介された。

IMG_3500s.jpg


部屋は1K、ロフトつき、日当たりも良し。

大き目の収納もあり、交通の便もよく、

ほとんど文句ない物件だったのでちょっと

奮発してそこに速攻で決めた。

で、当時ネコを一匹飼ってた(前に住んでた

部屋はペットOKのボロアパート)んだが、そのことの

許可をもらうのを忘れてしまい、「ま、あとで

うまくごまかせばいいか~」てなぐらいの気持ちで

ネコもつれてきた。(トイレ、鳴き癖は完全に

しつけてある、という安心感もあったし)

アパートの住人たちへのあいさつも済ませ、

近所のスーパーとかを見てまわり、

引越し当日は終了。

荷物も整理してない部屋で寝ようとしたとき、

ネコの異変に気がついた。

玄関のドアのほうを見て、微動だにせず、

ずーーーっと低い声でうなっていた。

普段はそんなことしないのに。

そのときは「ノラネコでもいるのかな?」

としか思わなかったので、

そのうち慣れるだろ、と思い早々に寝てしまった。

が、次の日もその次の日も、毎日毎日、

夕方ごろになるとその行動をするようになり、

これはおかしいぞ、と思い、うなり

続けているネコの近くに行った。

すると、なんか玄関の外で、人の気配がする。

お化けとかそういう雰囲気ではなく、

明らかに人間の気配。

思い切ってドアを開けたかったが、怖くてできない。

つか、そんな根性、もとからないし;;

結局、物音を当てないようにネコをかかえて部屋に

戻り、ふすまを閉め寝ることしかできなかった。

それでもネコはふすま越しに

玄関のほうを見てうなっていたけど。

結局、そんな毎日が続いたため、

満足に寝ることができず3ヶ月で

部屋を引き払うことにした。

体重も10キロおち、医者にも

「相当ストレスたまってるね」と言われたので

元のアパートに出戻りする形になった。

で、またアパートの住人に

挨拶してくことにしたんだがこっちが

「短い間でしたがお世話になりました」と

挨拶すると、決まって全員、ネコの話をするんだ。

「このアパート、ネコとか禁止でしょ? 

なんで飼ってるの?」

「大家さんの許可もらわないとダメだよ」

「大家さん、ネコのことで怒ってるわよ」とか。

一度も部屋から出してないのに。

去勢したから、大声で鳴いたことも

一度もなかったのに。

で、最後の一人にさりげなく聞いてみた。

「なんでネコ飼ってたの知ってるんですか?」って。

そしたら「『アパートのみんな』で交代で

見張ってたから」と言われた・・・・

どうやら、毎日毎日交代で(なんと、

大家の指示らしかった・・・)オレが帰ると

すぐにその日の『当番』が、ドアの前で

ずーーーーっと、見張りをしてたそうだ。

ドアポストからの『監視』もしてたらしく、

それでネコを見つけられたみたいだった。

ネコのことで許可をもらわずに飼ってた

オレも確かに悪かったが、それならそうと

一言言ってくれればいいのにと反論したら、

「大家さんの指示だから・・・」と言う。

その後の話を聞いてみたらどうも、

郵便物も「大家さんの指示」で

チェックされてたらしい・・・

さすがに封筒破って、までは

しなかったらしいが誰から来た郵便で、

てのは逐一チェックしてたそうだ。

それを聞いて、もう一日とここにいたくない、

と思い一週間後だった引越し予定日を

無理矢理繰り上げ、翌日引越しをした。

今ではもう、笑い話でしかないが、

当時はホントにシャレにならんくらい

怖かった話。

なんで「大家さん」がチェックしてたのか、

不動産屋がどういう縁で安くできたのかは

わからずじまいです。

つか、怖くて調べたくもなかった・・・・・

つまんないオチでスマソ。 

今では何事もなく、ストーキング

されることもなく平穏無事な毎日。

やっぱ、値段とかに見合わない

『お得な』アパートって危険ですよ・・・・


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます