【怖い話 実話】マンションの施工工事をやっていた 短編 まとめブログ - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 実話】マンションの施工工事をやっていた 短編 まとめブログ

今から数年前、俺は関東地方のとある町で、マンション

の施工工事をやっていた。建物自体はほぼ完成し、

電気屋、水道屋、内装業者などが仕上げの

工程に入った頃、 変な噂が立ち始めた。

IMG_3711s.jpg


三棟ある建物の一つで、夜間作業中に男の叫び

声を聞く者が続出したからだ。

俺の会社がその建物の工事に入った頃、納期も

間近で、徹夜作業が何日か続いていた。

他の業者からその噂を聞いていた俺は、

なるべく一人になることを避けた。

なぜなら、その叫び声を聞いた者に限って、

怪我や事故が頻繁にあったらしいからだ。   

現場責任者はゼネコンのすかした奴で、

お払いしろとの要望を無視していた。

ある夜、俺と同僚は徹夜作業になった。

マンションの三階、西側の部屋で配線工事を

していると、同僚が声をかけた。

「今うめき声みたいなの、聞こえたよな」

俺は電動ドライバーを使っていたので

聞こえなかった。

「やめろよ。もう俺ら二人しか残ってないんだぜ、

気味悪いだろ」

そう言って振り向くと、同僚は壁に耳を当て

固まっている。

「ここ来てみろよ、はっきり聞こえるぞ」

仕事が手につかない同僚にちょっといらいらして、

俺はその壁に耳を当てた。

何も聞こえないなと思っていると、突然、

サッシ窓がガタガタと、音を立てた。

地震じゃなかった。

俺らは互いに顔を見合わせた。そして、

ベランダに面したサッシ扉に目をやった。

二人同時に声を上げた。

頭から血を流した男が立っていた。

顔はぼこぼこに腫れ上がり、

まるで生きている気配はなかった。

もう仕事どころじゃなかった。

俺らは作業詰め所に逃げ帰って、

朝が来るのを待った。

ここから先の話は、噂を俺がまとめただけで、

妄想フィクションなんだが、

つまり、洒落にならない事件の可能性が

あるってわけで………。

まあゼネコンの玄孫受けみたいな土建屋が、

何かしでかした人間を始末したのでは?

基礎工事のコンクリ打つときに、いっしょに

埋めたんじゃないかと。

実際、柱付近の外壁に耳を当てると、

うめき声が聞こえたのは俺も確認した。

ある部屋なんか、どこの業者か

知らないけど、いっぱいお札貼ってたし。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます