【怖い話 ほん怖】専門卒業して初めて就職した会社 長編 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 ほん怖】専門卒業して初めて就職した会社 長編

ちょっと怖い体験をした時の話と、

霊感がある上司Aさんの事。

専門卒業して初めて就職した会社で、

今から8年位前の話。

IMG_1238s.jpg


ちょっと個性的なアパレルの会社で、
やっぱり個性的な人が多くて、
オカルト系が好きな人も少しいた。

会社の裏側が墓地だという事もあって、
社内で幽霊見たと言う人も結構いたけど、
自分の直属上司の1人Aさんがかなり霊感が強いとの噂があった。

自分は専門の頃の先輩(自称霊感強)に

「霊感あるね~」

と良く言われて居たけど、
幽霊とか見たこと無かったから、
先輩のかまってちゃん的な嘘だと思ってたが、
Aさんにも

「Tちゃん(私)霊感ある人だよね?」

といきなり言われて驚いた。

オカルト系も嫌いでは無かったので、
入社してからはその上司と暇な時は怖い話をしたり、
社内の目撃スポットの話をしたりしていたんだけど、
やっぱり自分で見たことは無かった。

入社してから3ヶ月位した日のこと。

自分は資料を取りに階段脇のギャラリーに1人で向かった。

ギャラリーといっても、
後で増設された螺旋っぽい作りの階段の壁が本棚になっているだけのスペースで、
照明も人感知でつくスポットライトが数個あるだけの小さな物。

窓もなく昼でも暗くて、
社内でも出そうな場所と良く聞く場所だったから、
少し怖いのと、好奇心からドキドキしていたのは覚えている。

階段を2,3段登ると一番下の感知ライトがついたので怖さはなくなり、
壁面で資料を探しながら登って行くと、いきなり何かにぶつかった。

反射的に

「あ、すみません」

と言ってしまったが、
自分のいる階段から上のライトがついていないから人ではない?
とゾクッとした瞬間、
自分の動きを感知したライトがつき、
ぶつかった何かを照らした。

見えたのは本当に一瞬だったが、
階段の幅いっぱいに青白い壁のようなものが広がっていた。

イメージはまさにぬりかべのようなもの。

ライトがついて消えてしまったが、
確かに私は正体不明な物を見た!

自分は興奮してAさんに報告にいった。

良く目撃情報がある会社なので、
Aさんの回りにいた人は

「え~怖い~」

や、

「ぬりかべなら見てみたいw」

などの反応。

その中でAさんだけがちょっと真面目な顔で、

「Tちゃん目は悪かったんだね」

とぽつりと溢した。

「え?何ですか?」

と聞いても、苦笑いをするだけで答えてくれなかった。

少し怖くなり、帰りにAさんにもう一度聞いてみた。

「さっきの目が悪いってなんですか?」

「あ~あれね」

と、やはり苦笑いをしてから話してくれた。

「あそこね、大きな顔が出るんだよ」

それ以来、自分は1人でギャラリーに行けなくなりました。

Aさんいわく、霊感がある人でも
視る力が強い人や感じる力が強い人など色々あるらしく、
私は視る力が弱かったので
ボヤけてぬりかべになっていたのかもね、との事。

Aさんと仕事をしていた期間は
わりとこういった事がありましたが、
これが一番印象に残った体験でした。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます