【怖い話 ほん怖】見た目普通で話してても何もないのに、時々変なにおいがしたんだ。長編 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 ほん怖】見た目普通で話してても何もないのに、時々変なにおいがしたんだ。長編

小学校の頃、一人の女子と仲が

よかったんだけどさ、

見た目普通で話してても何もないのに、

時々変なにおいがしたんだ。

IMG_2406s.jpg


なんていうのか、
獣くさいっていうか、
動物のにおい。

それも時々ふわっと鼻をかすめて、
意識するともうしなくなってる、みたいな。

動物でも飼ってるのかなって思って聞いても、

「いないよ」

としか言わない。

ある時さ、ふいに匂いがする時、
その女子が何か握ってるのに気づいた。

黒っぽい、フェルト?

そんな布を手縫いして作ったらしい
3センチくらいの小さな巾着。

それを握ってた。

好奇心で俺はそれを開けちゃったんだよ。

女子が体育で更衣室行った間にさ。

筆箱の中入ってたから。

白い短い毛と、歯が入ってた。

たぶん、犬の。

まわりの温度が下がった気がして、
直感でやばいってわかった。

視界の焦点の合わないところで何かが動いてた。

白っぽいものが。

あのとき教室には他の誰かがいたけど、
それを感じたのは俺だけで、
今じゃその女子がどうなったかわからない。

教室から出たらなんともなくなったけど、
少し怖くてその女子とは疎遠になってしまった。

あれはなんだったんだろう。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます