【意味怖】黒いスーツを着た男が立っていた。短編 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【意味怖】黒いスーツを着た男が立っていた。短編

終電が過ぎてしまって困っていた。

「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。

ふと気づくと、目の前に

黒いスーツを着た男が立っていた。

IMG_1945s.jpg


その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。



「お前さん、この前の・・・」

俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。

10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。

「お前さん、この前の」

男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。

俺はその場を駆け出した。必死に走った。



もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。

俺は呟いた。

「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。





【解説】





「お前さん、この前の・・・」を「お前3」、「『こ』の前」と訳す。



50音順で「お」の3つ前は「い」、「こ」の前は「け」

あいうえお かきくけこ



よって、「いけ」⇒「逝け」となる。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます