【意味怖】エレベーターに乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。短編 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【意味怖】エレベーターに乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。短編

私は仕事ですごく疲れ自分の

マンションに帰ってきた。

高い階に住んでいるのでエレベーターに

乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。

IMG_2663s.jpg


男は帽子を深く被り顔を見せないようにして立っている。



「気持ち悪いなぁ」と思ったが仕方がないので軽く挨拶をして乗った。



男は返事もせずただじっとうつむいたままだった。



男は途中でエレベーターを降りた。降りる時に肩がぶつかった。



一応私は「あ、すいません」と謝ったが、

その男は無視してまたさっきのように顔を見せないよううつむいたまま降りていった。



自分の部屋に帰り、少し落ち着いたところで何気なく男とぶつかったところを見てみると、結構派手に血がついていた。



「うわぁー、なんなんだ。気持ち悪い」と思ったがさほど気にせずにいた。





それから何日か後、突然部屋のインターホンが鳴った。



『ピンポーン』「誰だろう。」とドアの覗き穴から見てみると警官が立っており、





「すいません、実はこのマンションで何日か前に殺人事件があったのですが、

あやしい人物などを目撃されませんでしたか?」



と聞いてきた。





「あ、あの人のことかな」と思ったが、その時見ていたドラマがちょうどいいところだったし

、仮に「見た」とでも言おうものなら詳しく聞かれてかなりの時間を割かれてしまうし、

大変だと思ったのでドア越しに「いいえ、見ていません」と言うと、何事もなく警官は帰っていった。





それから次の日、テレビを見ていたらニュースである殺人事件のことを報道していた。



場所はこのマンション。あの変な男とエレベーターに乗り合わせた日だ。



「やっぱりあの日なにかあったんだ」もう犯人は捕まったらしい。



そのあとテレビに犯人の顔写真が映された。





あの警官の顔だった。





【解説】





訪ねてきた警官は犯人で、目撃者を探しだして口封じをしようとしていた。



もし、「見た。」と証言し玄関を開けていれば「私」は殺されていたであろう。




やはり、どんな人物が訪ねてこようと不用意に玄関を開けてはならないものである。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます