【怖い話 実話】自動車教習所の事務 短編 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

スポンサードリンク

【怖い話 実話】自動車教習所の事務 短編

自動車教習所の事務をしています。

倉庫の整理をしているとき、

奥のほうに証明写真用の

カメラがあることに気付きました。

IMG_2025s.jpg


壊れているのか?とも思いましたが
なんとなく気になって先輩に聞いてみたのです。

すると

「壊れてはいないが、あんまり触らないほうがよい」

と言われました。

さらに食い下がって聞くと渋々答えてくれました。

そのカメラは教習所が出来た
当初からあるものなのだといいます。

どんなにピントを合わせても
どこかぼやけた写真しか撮れなかったそうですが
一向に原因がわからなかったことと、
使用出来ないほどではなかったことから
初めのうちは気にせず使っていたのだそうです。

そのうち、あの教習所で免許を取ると事故に起こす。

という噂が流れ始めました。

根も葉も無い噂、こちら側に非はない。

とその噂を無視していたのですが、
比例するように写真に対する苦情が増え始め、
ある日一人の男がやってきました。

免許証をカウンターに叩きつけてこう怒鳴ったのです。

「この写真のせいで俺は左手複雑骨折だッッ!どうしてくれるッ!」

免許証の写真はやはりぼやけていましたが、その左腕。

その部分はぼやけている――というよりも歪んでいたそうです。

その後すぐにカメラを入れ替え、噂も収まったのですが
そのカメラは捨てるのも気持ちが悪いので
倉庫の奥にああして置いてあるのだそうです。


スポンサードリンク

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます