【怖い話 実話】保育所くらいの子供のとき公園で遊んでいると - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 実話】保育所くらいの子供のとき公園で遊んでいると

数年前何かのテレビでやってた話。

ある男の人の実体験らしいのだがその人

(仮にAさんとしよう)が

保育所くらいの子供のとき公園で遊んでいると

IMG_2030s.jpg


制服をきて自転車に乗った男の子が話しかけてきた。

ちょうど当時は中学生くらいに見えたという。

その子は「いっと(一緒)に遊ぼう」と声をかけてきた。

Aさんは「いいよ」と答え一緒に遊びだした。

男の子の名前を尋ねると

「ようたん(ちゃん)って呼んで」

と言うのでAさんはようちゃんと呼び一緒によく遊んだ。

ようちゃんは野球も教えてくれたりしていろいろな遊びを教えてくれた。

少し舌足らずな話し方が印象的だったという。

仲がよくなると自宅までいつもの自転車で迎えに来てくれるようにもなった。

公園ではAさんの友達も交えて一緒に遊んだ。

Aさんのお母さんも

「ほら、ようちゃんが迎えにきてくれたよ」

とAさんに教えてくれるほど顔見知りになっていた。

そんなある日、Aさんが自宅で
そろそろようちゃんが迎えにきてくれる時間だなと思って待っていると

「キキキーーーー!ドン!」

と大きな音がした。

Aさんは直感的に事故の音だとわかった。

それと同時にいやな予感がした。

「まさか、ようちゃんが!?」

そう思ったAさんは家を飛び出し音のした方へと駆け出した。

その先に見えたものは醜くひしゃげ倒れた
いつもの自転車と頭から血を流し倒れている
制服姿のようちゃんの姿だった。

どうすればいいかわからなくなったAさんは
とにかくお母さんに知らせなきゃと思い家へと走りました。

家に駆け込みお母さんのところへ息を切らせ走り込み

「お母さん大変!ようちゃんが…ようちゃんが車にひかれたの!
血がいっぱいでてるの!」

と大声で言うとお母さんは不思議そうな顔をしてAさんに一言

「ようちゃんって…だれ?」

と聞き返しました。

Aさんは必死になって

「ようちゃんはようちゃんだよ!いつも遊んでくれるようちゃんだよ!」

とお母さんに言うのですがお母さんは

「そんな子は知らない」

と不思議そうな顔をしてAさんに答えるだけです。

Aさんはとにかく来て、とお母さんを事故のあった場所までひっぱっていくと
その場にあったはずの自転車も、ようちゃんの姿も、
確かにながれていたはずの血も何事も無かったかのように何一つなかったのです。

Aさんはおかしいと思い一緒に公園で遊んでいた友達、
近所のおじさん、おばさんとにかく一緒にいるところを
見ていたはずの人全員にようちゃんのことを尋ねましたが
誰一人ようちゃんのことを知っている人はいませんでした。

それから月日は流れAさんは中学生になっていました。

Aさんは地元の商店街のお店で手伝いをし
お小遣いの足しにしていました。

それは、ある週末の人手が多い時間帯。

Aさんが忙しくお店の手伝いをしていると
ふと懐かしいような視線を感じ後ろを振り返りました。

そこにはあの自転車を持ち学生服を着たようちゃんが立っていたのです。

少し離れて人ごみの中からAさんの事をじっと見つめていました。

そしてAさんに一言

「た(さ)よ、な、ら」

と舌足らずな声で声をかけたあと
自転車を押しながら人ごみに消えていったそうです。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます