【怖い話 実話】木造の部室が解体されることになった - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

スポンサードリンク

【怖い話 実話】木造の部室が解体されることになった

中学2年の頃、今まで使っていた

木造の部室が解体されることになった。

夏休み最初の練習を午前中で終わり、

午後からは部室の片づけ。

IMG_1477s.jpg


ロッカーや道具なんかを放り出し、新しいクラブハウスに運ぶと、
部室は一気にガランとなった。

「おい、これ見ろよ。」

見ると、ロッカーを除けた壁に木の板が…

叩くと向こうは空洞っぽい。

たしか隣は便所だ。

鉄パイプやツルハシを使い、最後は蹴りで破った。

便所じゃなかった。

奥行き3m幅1mくらいの薄っぺらなスペース出現。

窓も床板も無くほとんど真っ暗。

地面が急な下り坂になってる。

3人で降りてみた。

壁一枚で便所なせいか臭い。

突き当たりは背丈くらいまで地面の下で、目の前に土の壁。

足下がスースーするんで見てみると、横穴があった。

直径50センチくらいかな?

人一人がやっと潜れるくらいの小さな穴。

はいつくばって覗いてみたけど、真っ暗で何にも見えない。

みんなちょっと興奮して

「おい、懐中電灯とってこいよ!」

俺は坂を上り、部室を出て外へ。

嘘ついて借りてきた懐中電灯持ってダッシュで戻る。

ところが誰もいない。

坂の下は暗くて見えなかったんで、呼んでみる。

「おーい」

「…バイバイ…」

暗がりから、小さいけれどハッキリ聞こえた。

女の声?

ビビって外へ出た。

新しい部室の方へ行くと、人が集まってる。

輪の中心にさっき一緒だった2人。

青い顔で座ってた。

「お前が行った後、俺、キーホルダーの赤い豆球で中を照らしたんだ。

2mくらい先に顔、つるつるの女の顔が見えた。

気持ち悪ぃ、何かマネキン人形っぽいんだけど、手だけでこうグイって、
あれ何だっけ…それでこっちへ近づいてくる。

パニくって逃げようとしたら、
後ろで笑い声が聞こえてきて、そこでもう慌てまくって、無我夢中。

坂で足滑らしてケガしちまって…」

手や顔の擦り傷を見せて、口を開いたり閉じたりするんで、
続きがあるのかと思ったら、話はそれで終わりだった。

2人も俺もその後は特に何もなかった。今もない。

後で聞いた話では、工事の時に穴の先を掘ってみたら、
何かの巣みたいな、防空壕みたいな空間があったらしい。

別に何にも無かったみたいだけど、そのまま埋められて、空き地になった。

今も空き地。

時々花が置いてあるけど。


スポンサードリンク

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます