【怖い話 実話】人の生前の顔と死後の顔が並んでるだけの本 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】人の生前の顔と死後の顔が並んでるだけの本

”死相の本”って

聞いたことある?

自分は一度、見たことあります。

広辞苑ぐらいの厚さで、

IMG_0747s.jpg


果てしなくいろんな人の生前の顔と死後の顔が並んでるだけの本。

右ページに生きていた頃の顔写真、左には死んだ後の顔写真...。

どーやってそんな本が作られたのか知りませんが、
占い関係のトップシークレット本で、
毎日、それをめくっていると、
人が死ぬ前に顔に出るという”死相”がわかるようになるということでした。

それを見せてくれたのは自分が通っていた塾の先生で、もう20年も前ですが、
その先生、学校を出て塾の講師のアルバイトを何年かやって、
バリ島に白魔術習いに行くといったきり行方知れずです。

その先生に聞いた話...、仮にその先生をAと呼びます。

Aが大学の頃、その死相の本を手に入れ、毎日眺めて暮らしていたそうです。

授業にも出ず、オカルトにはまってたそうですが、
山に登るのが好きで山岳部にだけは、ちょくちょく顔を出していたとのこと。

で、ある日、冬山に行くことになりB駅で待ち合わせ、
集合しているメンバー達の顔を見たとき、
初めて死相というものがわかったそうです。

当然、Aは皆の顔に死相が出ていると言って必死に止めたのですが、
バーカと一笑にふされ、Aをおきざりに4人のメンバーは山へ向かいました。

2~3日して下宿でTVを観ているとC大学山岳部遭難、というニュースが流れ、
その遭難したメンバーの一人として、Aの名も読み上げられたていたということです。

びっくりして大学に電話を入れ、OBとともに捜索隊に参加することになり、
いつもその山に登る時にベースにしていたD市に駆けつけたそうです。

天候不順のため捜索は翌日ということで、手持ち無沙汰になったAは、
いつも山から戻った時に馴染みにしていた喫茶店へ行ったそうです。

すると、遭難したはずのメンバーがその喫茶店にいて、
なんだ助かったのかあ、と喜びあっていると、
メンバーの一人がそれまで読んでいた新聞をテーブルに置き、
おまえ、死相が出てるぞ、とポツリと言ったそうです。

ドキッとしたAは、奥のトイレに駆け込み鏡を見たそうですが、
それらしきものは見えません。

で、トイレを出ると、そこにいたはずのメンバー達がいませんでした。

びっくりして、喫茶店のマスターにみんなはどうしたの?と尋ねましたが要領を得ず、
マスター曰く、Aが急に入って来て誰もいないのに一人でしゃべり、
トイレへ駆け込んだとのこと。

確かにこのテーブルに、と思いテーブルの上にあった新聞に目をやると、
そこには、山岳部のメンバー達の遭難記事があり、
小さな顔写真が5枚並び、その一番下にあったAの写真以外、
ほかのメンバーの顔写真にはすべて、死相が出ていたそうです。



関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます