【怖い話 実話】絶対に絶対に買ったりするはずが無い - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 実話】絶対に絶対に買ったりするはずが無い

心の傷が癒えてきたのでレスします。

6年前つきあっていた彼氏と旅行に行きました。

N県の山中で周りに何もないのに

コンビニがあったんです。

IMG_2051s.jpg



多分、旅行者が立ち寄るんだろうと思いました。

彼氏がずっと車を運転してくれていたので、
私はちょっと休もうかと、彼氏に提案したのです。

彼氏が、ついでにジュースでも買ってくるわ。

ってコンビニに入ったんですけれど
30分しても戻って来なく、
不思議に思ってコンビニに入ると
店員がレジで漫画を読んでいる以外誰もいませんでした。

店員に、

「ここに30分ぐらい前に男の人きましたよね?」

って聞いたんです。

そしたら店員は、

「あぁ、その人ならコーヒーを二つ買ってすぐに出ていったよ。」

って答えたんです。

私、その瞬間身体じゅうの毛が逆立つような寒気を感じて
そのコンビニから走り出て車に飛び乗りました。

後ろも振り向けないまま必死に運転してT市の交番にかけこみました。

彼氏は何かに巻き込まれたのだと直感で思ったのです。

だって、私も彼氏もコーヒーは大の苦手で、
彼氏はコーヒーを飲んだら腹を壊してしまうぐらいで、
絶対に絶対に買ったりするはずが無いんです。

あの店員の顔今でも忘れません。

彼氏はあれからどうなってしまったのでしょうか。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます