【怖い話 実話】俺の実体験で一番恐かったこと - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】俺の実体験で一番恐かったこと

俺の恐かった体験。

というか、びびりました。

その日、友達が俺の家に泊まりに来ていて、

飯喰った後、だべって時間を過ごしてた。

IMG_1396s.jpg


そして、深夜2時頃だっただろうか。

俺たち二人はバイクの話をしていて、
ブランキーのベンジーのバイクを見るために、
プロモーションビデオを再生していた。

俺の家は、賃貸なのだが、3階建ての建物の二階、三階に住んでおり、
二階に玄関があり、部屋の中に三階への階段が通っていた。

基本的に人に貸すためのものではなく
(一階がある事務所でその従業員用)、
一戸建てに近い変わった物件だった。

近くには飲食店しかないため、夜になれば音を気にすることもなく、
いつでも大音量で音楽かけたり、騒いだりしていた。

だから、その時のビデオも大音量で見てた。

すると、急に、

「ピンポンピンポンピンポーン!!」

とチャイムがうるさく鳴らされ、そしてなにやら大声でわめいている。

俺はびっくりして、「うわっ、苦情だ…」と思い、
リモコンの消音ボタンを急いで押して、二階に駆け下りた。

しかし、それまで二年ほど住んでいたが、音で苦情が来たことはなく、
それどころか、友達などの俺が招いた人以外の人が
チャイムを鳴らして訪れたことはなかった。

それは、この住所が「○×ビル」という名前なのに
三階建てでビルっぽくなく、しかも一階に事務所があるため、
事務所と関係なく住んでいる俺を、部外者はスルーするためだ。
(引っ越した当時は、郵便局員も俺宛の手紙を
届けられなかったほどわかりにくい。
NTTの受信料、新聞勧誘も来た事ない)

だから、あまりにめずらしいチャイムに、
しかも深夜2時頃だったので、
小心者の俺はビビリにビビッていた。

「すいません!音がうるさかったですか!?」

とか、既に謝りながら階段を下りて玄関に向かうと、
鍵をかけてなかったドアから、女の顔がのぞいていた。。

俺は、勝手にドアを開けて
こちらを向いている女に一瞬たじろぎ、凍った。

その女は、二年住んでて見たことの無い顔で、
しかも、恐ろしい風貌だった。

顔はガリガリで痩せこけ、
すごくケバイ化粧が何日もたってはげた感じで、
目の下には、見たことが無いぐらいの深い“くま”がある。

全身真っ赤なワンピースを着ていて、
黙ってこっちを見つめていた。

俺は、苦情と思っていただけに、
この辺の人、両隣の人を想像していたため、
「こんな人いたっけ?」と思いながら、
「音…のことですよね?」と聞いた。

すると。。


「あんた誰!!?ポニーは!?ポニーはどこよ!!○×▽★~××!!」

とわけのわからないことを大声で怒鳴りだし、
俺は俺であまりに動揺して

「俺は、俺の家です、」

とか答えてしまってた。

女は、

「ポニーがいるんじゃないの!かくまってるんでしょ!」

と叫び、話が意味わからんので、俺は

「知りません!」

とか言って、ドアを無理やり閉め、鍵をかけた。

友達が三階から降りてきて、何があったかを話していると、
ドアの向こうで、ガチャンガチャン!ガンガンガン!!という音がする。

さっきの女が郵便ポストで壁を叩いているのだ。

しかし、俺の家の玄関のドアには、
ドアスコープが無く、具体的に何をしているかはわからない。

しかも、玄関は建物の影に隠れた階段を上ったところにあるので、
窓から確認することも出来ない。

ドアをもう一階開ける勇気のない俺らは、

「警察呼ぶ?」

とか話してたが、地上への階段の灯りを消して待つことにした。

しばらくすると、女はハイヒールの音を鳴らしながら、
階段を降り、今度は俺の家の建物の前に座り込んで、
なにやら独り言を言っている。

そして、それを窓から隠れて見ている時に気づいたのだが、
女は幅30cmぐらいの小さなバッグを持っており、中を覗いている。

そして、覗く→立つ→わめく→座る…を繰り替えしている。

俺は、その麻薬中毒のような風貌と意味不明のサイコさにビビッて、
心臓がまだドキドキしていた。

そして、友達とどうしようか話しながら、
変なことをしないか観察していたが、
ちょっと目を離した間に、女の姿は消えていた。

びっくりして、階段にまたいるのではないかと思ったが、
意を決してドアを開けてもいなかった。

友達は、その後落ち着くと寝てしまったが、俺は心配で寝れなかった。

そして、4時頃、さすがに疲れて寝ようと思った俺だが、
その前にゴミを出しておこうと思い、ゴミ袋を持って外に出た。

外はまだ暗い。

道に出て、左右確認したが、誰もいない。

ゴミ捨て場は左側20mぐらいの場所だ。

そこにゴミを出し、振り返った時、俺は凍りついた。

さっきいなかったあの女が俺の家向こう(右側)10mぐらいの所に
向こう向きで立っていたのだ…!

そして、すこしずつ俺の家から離れるようにふらふら歩いている。

俺は、本当にこの女が恐ろしくなっていた。

突然消えたり、現れたり、それは数秒の間の出来事だった。

気味悪く、心臓が高鳴ったが、幽霊だとか、
そういうものだとは、その時はまったく感じなかった。

ふらふらと離れていく女を見て、

「今のうちに家に入ろう…」

と思ったが、目が覚めてしまい、
もう友達も寝てるから、今帰っても不安なだけだ。

と思い直し、あとをつけて、大丈夫だと確認してやろう。

と、なぜか思った。

4時頃であたりは暗く、人の気配はまったくしない。

すごい慎重に、20mぐらいあとをつけていく。

女は、2年住んでた家の近くなのに俺が知らない道のほうに行った。

知らない道だから、先がどうなってるかわからず、つけにくい。

小刻みに曲がり角がある小さな道を、
女はふらふら、ゆっくりと歩いていく。

そして、あるまがり角を曲がった時に、
俺もあとについて曲がると、
曲がってすぐ突き当たりのT字路になっていた。

「ど、どっちに曲がった?」

と思ったが、T字路に出てみた。

そのT字路は今までの小刻みに曲がっていた道とは違い、
両方ストレートに長く伸びていた。

しかし…女はどこにもいなかった。

急に後悔の念にかられるとともに、静寂の暗い夜道で、
急に全身に視線を感じた。

全身に寒気が走り、「やばい」と直感的に思った。

嫌な想像が頭をよぎり、周りを見回した俺は、
全速力で来た道を走り、家に向かった。

つけられてる気がして、後ろを振り返りながら、
俺はすぐには家に入らず、そのまま知ってる場所にたどり着くと
遠回りをして走り続け、家に戻った。

何かを振り切ろうとしたんだと思う。

その日は、無論寝れなかった。

その後、さらに2年程そこに住んだが、
その女を見ることは二度と無かった。

長駄文ごめん。

俺の実体験で一番恐かったことです。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます