【怖い話 実話】10年近く経つのに気になってしょうがない話 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】10年近く経つのに気になってしょうがない話

10年近く経つのに気になってしょうがない話。

中学生の時、俺はいつも通り学校から

帰ってから部屋でテレビを見てた。

2時間位経った7時位に廊下から

IMG_1576s.jpg


母親「○○ー ご飯だよー!」
俺「まだいい」
(確か、好きな番組見てたから)

15分程経った時、ふいに部屋のドアを叩く音。

母親「○○!ご飯食べちゃいなさいよ!」
俺「まだいいって!」

当時、俺の隣の部屋は妹の部屋で、その時妹も隣にいた。

母親は妹にもご飯を食べるようにせかしてる。

母親「×× ご飯食べないの?」
妹「後で食べる」

こんなやりとりが聞こえてた。

1時間位経って、電話が鳴った。

誰も出なかったから俺が二階で出たんだけど、その電話母親からで

母親「おばーちゃん家にいるから、10時位に帰るから。」
俺「は・・・?何時からばーちゃん家いるの?」
母親「昼間からずっと来てるよ。」
俺「? わかった」

下に行ってみたけど真っ暗。

勿論、ご飯の用意なんてしてない。

妹に「さっきお母さんご飯呼びに来たよな?」

って聞いたら

「うん。」

だって。

妹はめちゃくちゃ怖がってたけど、俺は不思議と怖くなかった。

でもいまだに気になる。

誰?行ったらどうなってた?メニューは何だった? って。



関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます