【怖い話 実話】半分パニックでその後どうしたかは記憶にない。 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 実話】半分パニックでその後どうしたかは記憶にない。

旅行に行ったときの話。

俺は一人旅が好きでその時は東北の方に

旅行に行った。そして、日が落ちた頃予約して

おいた旅館に到着した。

IMG_2501s.jpg



案内されて部屋に入ったが、なんとなく部屋の感じが暗い。

明るさが暗いとかではなくて、なんか陰湿な感じで、湿っていて気持ちが悪い。

悪い予感はしたがどうせ一泊だし、幽霊とかは見たこともないし信用してなかったので泊まることにした。
夜10時過ぎになり、風呂に入ることにした。

その旅館は大浴場があったが、部屋に風呂場があったのでそこで入った。

しばらく入ってたのだが、少しのぼせてしまい、湯船から出て風呂桶の上に腰掛けていた。

風呂場のドアも開けて風通しをよくしておいたのだが、
ドアの外になぜか洗濯機があって、その上に新聞紙が乗っかっていた。

その新聞紙をとってしばらく読んでいた。

そろそろ寒くなってきたので風呂に入ろうと思い、
新聞紙を元に戻そうとして洗濯機の方に身体を伸ばした。

すると、ドアの向こうから誰かが新聞紙をサッと引っ張った。

ここはもうダメだと思い、急いで身体を拭いて服を着て、
フロントに事情を話してなんとか帰ることにした。

外に出てからの帰り道、あるきながら振り返って自分の泊まろうとしていた部屋をみた。

ベランダが見えたのだが、ベランダにはダウンライトがついていて、
その下に目が窪み、真っ黒な目をしてボロボロの服を着た男がボーッとたっていた。

俺は走って逃げた。

半分パニックでその後どうしたかは記憶にない。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます