【怖い話 実話】自分にとっては洒落にならないことがありそう - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】自分にとっては洒落にならないことがありそう

怖い話というか、意味不明なんですが、自分に

とっては洒落にならないことがありそうなので。

中学時代、怪談ゲームを通して

怪談話が好きになり、

IMG_2132s.jpg


よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。

従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く色々な話を聞かせてくれました。

そんな従兄弟も就職し、じいちゃんも祝いではしゃいでいました。

じいちゃんは真っ白で背中の真中くらいまで伸ばした髪の毛を後ろで縛るという
変わったファッション(?)をしていたのを良く覚えてします。

従兄弟が就職し、じいちゃんは釣り、ばあちゃんは畑仕事、伯母さんは仕事、
従兄弟の姉は学校で、昼間誰もおらず遊びに行くことも減りました。
伯父はずっと前に火事で亡くなっていたそうです。

しばらくして、ポケベルを持つと従兄弟から連絡がありました。

「お前怪談好きだっただろ?爺が釣り仲間に聞いた話があるから今度聞かせてやるぞ」

そんな内容だった気がします。

しかしそれからすぐにじいちゃんが亡くなり、聞く事をすっかり忘れてしまいました。

棺おけの中でじいちゃんは長かった髪の毛をすっかり無くし、坊主にしていました。

高校に入り、携帯電話を持つと従兄弟と電話する機会が増えました。

某大手百貨店に就職した従兄弟の話は仕事の話が多く、面白かったです。

高校二年頃、学校から帰ると従兄弟が家に来てました。

実際に会うのは葬儀以来ですっかり社会人らしく髪の毛を黒くし、短くなっていました。

丁度祖父の言っていたという怪談話を聞こうと思っていたので聞こうとしたのですが、母の制止に掛かり止められました。

その日の夜、今度ファミレスかどっかに行って話してくれるとメールが入り、楽しみにしてました。

が、数日後に従兄弟は心臓麻痺で亡くなりました。

業務中にいきなりだったらしく大騒ぎだったらしいです、ストレスか何かでなったんではないかと言ってました。

葬儀には大手百貨店から大きな花が贈られており、大手会社から花を送られてくるほどの従兄弟を誇りに思ったのと同時に、
その花が大好きな従兄弟の死を実感させてきて悲しくなりました。

母は実家で49日まで居るとのことでした。

従兄弟の仕事仲間とそこで知り合い、従兄弟の話を聞いてました。

「あいつ結構怪談とか好きでさ、こんな話をしてきたんだ」

「あいつの爺ちゃんが聞いた話らしいんだけど、戦時中の話だ」

「元華族、裕福な家で成績良く、運動も出来る、さぁこれから国のために戦うぞって時に、
肺結核になって兵隊になれなかった男がおったらしい。」

「そいつは村に残った女子供に病気だと忌み嫌われ、果ては恋人や友人にまで見つかれば石を投げられる始末だった」

「怒ったそいつは村人を見返そうとするが、病気は一向に良くならず、体力がどんどん落ちていった」

「死期を知ったそいつは恋人だった女を山に誘って襲い、事が済むと女は逃げて、
山に残されたそいつは体力衰弱とで降りることもままならなくなった。」

「翌日男がいない女は心配になり、襲われた現場に向かった。
男は女を見ると追いかけた。なにやら恨み言を叫んびながらだったらしい」

「怖くなった女は再びそこから逃げようとするが、男に後ろ髪を掴まれ毟られたそうだ」

「それからその女は子供を産むが、狂い死にしたらしい。そしてこの話を聞いたヤツはそいつに呪われると」

「そこで終わりじゃない、呪いの内容はだ」

「夢の中で、真っ暗、多分部屋の中で朝を探すんだ。」

「待てば良いってもんじゃない、光を探してつかまなきゃいけない。」

「でもそれはあるモノから逃げながらやらないといけない。」

「逃げてると暗闇の中からグワっと音がして、頭を捕まれる。みしっと音がして髪の毛を毟られる」

「だいたいいつもそこでぎりぎり、光を掴んで目が覚める」

「そこでみんな髪の毛を毟られずに襲われたらどうなるかと怖くなって、髪の毛を短くするんだ。」

そのときは話を聞いて戦時中て怖いなぁくらいにしか考えなかった。

が、しばらくして、お骨を墓に入れるとかなんとかで再び母の実家へ。

母は髪を短くしていました。

わたしは夢を見てません。

母も健在です。

が、日に日に母の髪が白くなって行きます。

怖くなり従兄弟の仕事仲間に聞くと、

「大丈夫だろ、なんかその話ちゃんと神社で呪を封じてるとか聞いたし、俺そんな夢見てないから」

とのこと。

それでも気になったわたしはどこの神社か調べようとしました。

ですが話の元となる祖父に話した釣り仲間が見つかりません。

この話を学校の友人に相談すると、

「なんつー話を言ってくるんだよ、それ知ってる」

とのこと。

もうすぐ来る夏休みを利用して神社を尋ねることにしました。

神社へは交通の便が悪く(というか免許なかったので電車+タクシー+徒歩)つく頃には夕方になりました。

神社に着き、そこに居た神社の人らしいおっさんを訪ねると凄まじい勢いで追い返されました。

「どうせまた噂を聞いて来たんだろ、帰れ」

と。

結局話をすることも出来ず、わたしと友人は今でもその夢を見ていません。

が、わたしの知る限り今までずっと長いままだった母の髪はあれから3年経っているのにまだ短いままです。

母から話を聞くと母があぶないような気がしてきて、聞けません。

従兄弟の仕事仲間と連絡がつかなくなり、手掛かりがなくなりました。

いつか自分も夢をみて頭を毟られるのかと思うと・・・


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます