【怖い話 実話】新聞配達をしていた時の体験談 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】新聞配達をしていた時の体験談

俺も新聞配達をしていた時の体験談を一つ話そう。

俺が小学6年生の時新聞配達のバイトをしていた。

配達先に、ある病院の女子寮があって、

そこの2階の新聞受けに毎日配達していたのだが、

IMG_2050s.jpg


2階に上がるには急な階段を登らないといけなかった。

毎日同じ時間に配達していると、
出勤時間が重なるのか看護婦さんと階段ですれ違っていた。

当時子供心に上を向いて階段を上がっていくと
看護婦さんのスカートの中が見えてしまうと思い、
うつむいて階段を急いで上がっていた。

毎回そんな感じで配達してると、
何時の日か看護婦さんの方からすれ違い様に
「ごくろうさん」っていってくれるようになった。

そんなある日、何時ものように階段を上がっていくと
上から看護婦さんが降りてくる気配したので、
小走りに俯いて階段を上がっていき、
すれ違いざまに挨拶しようとしたら、
そこに居たのは全裸のオバサンだった。

「もぅー」と叫んで俺に抱き付き
「うぁうぁ」とか言いながらキスされまくった。

俺が固まっていると奇声を上げながら物凄い速さで外に出て行った。

あれは一体なんだったのだろうか?

これが俺のファーストキスだったということは言うまでも無い。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます