【怖い話 実話】「何もそんな死に方しなくてもいいのに…」 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】「何もそんな死に方しなくてもいいのに…」

怖いか知らんが俺の聞いた話。

判断してくれ。

最近知り合いが俺の住む某地方都市

に引っ越すことになって、

IMG_2355s.jpg



「不動産選び手伝ってくんない?」

ってことで不動産屋に。

若い不動産屋の兄ちゃんが良くしゃべるやつだったから、
長年の疑問をぶつけてみようと思って、

「あのー…幽霊物件とかありますよねえ?よくテレビとかで出る。」

って聞いたら、兄ちゃんニヤリ。

「あんまりお客さんには言っちゃダメだって上から言われてるんスけど…」

と言いながら、棚から厚手のファイルを取り出してきた。
ファイルには「要伝達事項付物件」みたいなことが書いてあって、
いろんな物件の内部の写真とか、間取りとかが載ってる、
見かけは普通の物件ファイル。

「幽霊ってのは現実的じゃないですけどね、でも、ほらこれ…」

って取り出したのは、何の変哲もないマンションの写真と、全戸の家賃表。

でも、確か5階のどっかの部屋だったんだけど、
周りが7万とかなのに、そこだけほとんど半額。

「これって…?」

と聞く友人と俺。

「この部屋なんですけどね、しばらく大学生の女の人が住んでて、
まあ、なんてのかな、その人の彼氏がしょっちゅう出入りしてたらしいんですよ。」

ここまではまあ普通だわな。

「で、ですね、この女の人が何かその彼氏があんまり自分に
どっぷりはまっちゃったもんだから、ウザくなったらしくて、
男の人、かわいそうに捨てられちゃったらしいんです。」

「(なんだそりゃ?)」

「で、怖いのが、まあそんなふううにいっちゃうとあれなんで
すけど、その彼氏、いつの間にか合鍵つくってたらしいんですよ。」

「それでね、あー、その彼氏、彼女のいない間に部屋に忍び込んで…
 何したと思います?」

「(…)」

「ベランダに縄かけて、首にわっかを通したまんま、飛び降りちゃったんですよ。」

「えっ!!!」

「もちろんしんじゃいましたよ、その彼氏君。」

「何もそんな死に方しなくてもいいのに…」

「ですよね?それで最悪なのは、その女の子が帰ったときに
テーブルの上に置手紙があったんですって。
僕も本人から聞いたときかなりびびったんですけどねー」

『安心して、ずっとここで待ってるから』

俺たちもうガクブル。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます