【怖い話 実話】見たくなかったけど、つい最後尾の車両を見てしまった。 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

【怖い話 実話】見たくなかったけど、つい最後尾の車両を見てしまった。

昨日、旧友と帰り道にばったり会い、

少し呑んでから一緒に電車に乗った。

最終電車ではなかったと思う。でもそれに

近いくらいの遅い電車だった。

IMG_2138s.jpg



時間ぎりぎりに最後尾の車両に乗ったため、遅いのに結構混んでいて、座ることはできなかった。

仕方がないので立とうと思っていたら、酔っ払っているのか、友人が他人の座っている席に座ろうとしていた

私「おい!ヒト、座ってるやろ!何すんねん!」
友人「おまえ、なにゆうてんねん。」

と言ったまま座ってしまった。・・・おかしい。
「最初から座ってたヒト」と友人が重なってる。

友人は「他人」の上に座るべきはずなのに、
その「他人」を まとう様にしてシートの上に座っている。

慌てて友人の手を取り、隣の車両に行く。

・・・と、ぱらぱら位にしかヒトはいない。十分座れる。

さっきの車両の方を見る。いっぱいヒトがいる。

友人「どないしたんや?」
私「・・・・・」「降りよう」

できるだけ前の車両に行き、次の駅で降りた。

ホームでその電車を見送る時、見たくなかったけど、つい最後尾の車両を見てしまった。

やっぱり混んでいた。

私「なんで後ろだけ混んでてんろ・・・」
友人「なに?ガラガラやったやん。」

聞きたくない一言でした。



関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます