高校生の時の実体験 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

スポンサードリンク

高校生の時の実体験

高校生の時の実体験を書きます。

立て替える前の実家は元々

古い旅館をやっていまして、

二階には6,7部屋ほどの部屋がありました。

IMG_1748s.jpg


私はそのうちの三つ並んだ部屋の

真ん中にある三畳の小さな部屋を

自分の部屋として使っていました。

そのころから怖がりで

あまり広い部屋だと背中の方向が

恐かったりするんで

隣の8畳間は兄が使っていました。

ある晩、こんな夢を見ました。

自分は最終電車に乗ってヘッドフォンをしながら

電車の座席で眠りこけていたみたいです。

すると、「トントン、トントン」と肩を軽く叩かれました。

「もーなんだよー眠いのにー」と思いながら私は

それを無視しました。

すると先ほどより強い調子で「トン!トン!」

と肩を叩かれました。

夢の中とはいえ、私もかなりイライラしてしまい、

「んですか!」と目を見開いて体を半起こしに

して肩を叩いた方を振り向きました。

すると、そこには車掌が立っていました。

帽子を目深にかぶっており

表情はよく分かりません。

周囲には誰も居ません。

電車はホームに止まっているらしく、

周りの照明もかなり薄暗いものに

落とされていました。

また霧深い様で周囲の様子も伺えません。

車掌はかなり焦った様子で「お客さん、

終点ですよ!」と私に告げます。

寝ぼけていた私は「終点・・・?」

と車掌の言う事がうまく理解できずにいました。

すると車掌は一層焦った様子で

「早く降りてください、それとも○○(聞き取れず)

に行きたいんですか!」

と私をせかします。

私は「あ、ここで降りなくちゃいけないのかな」

と理解できた様で

立ち上がってドアに向かってノロノロと

歩き出しました。

電車の外からは

「終点~、終点~、次は○○に入ります

(車掌と同じ事を言っているみたいですが

聞き取れず)」

とアナウンスが静かに響いています。

「あ、車庫ね」、と私はやっとこの電車が

次にどこに行くのか理解できました。

起こしてくれた車掌さんに感謝しつつ、

私はゆっくりとドアを開き一歩外に

踏み出しかけました。

すると背後から車掌がものすごく

大きな声で叫びました。

「お客さん早く降りてください!!!、

それとも」

そこにかなり大きめのボリュームで

場内アナウンスがかぶさりました。

「終点~終点~、次はジゴクに入りまーす」

私は恐ろしくなりホームに飛び降りました。

瞬間、背後でドアが閉まり、

電車が音もなく動き出しました。

車掌は閉まったドアの向こうから、

白目の無い、真っ赤な目で私の方を

ずっと無表情に見つめていました。

電車が遠く消えてしまいそうになっても

ずっと2つの赤い点が私の方を見ていました。


ここで全身汗びっしょりで目が覚めました。

後で聞いたら家族は全員ずっと一階に居て、

誰も私の事を起こしになど来なかったそうです。


スポンサードリンク

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます