樹齢何十年 というほどの大きな椎の木 - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

スポンサードリンク

樹齢何十年 というほどの大きな椎の木

私が以前住んでいた家の真横に樹齢何十年

というほどの大きな椎の木がありました。

我が家の裏に住む住人の

所有物であったのですが、

IMG_1290s.jpg


我が家はその木のおかげで大変迷惑を

こうむっていたのです。

というのも、秋頃になると大量の枯葉が

我が家の庭先に撒き散らされるのはもとより、

樹齢何十年という老木ゆえ、

根元から2、3メートルのあたりが朽ちており、

今にも我が家に倒れかかって

来そうな様相なのです。

台風の日などは家族で今日こそ

倒れるんじゃないか?と毎度毎度

ビクビクしていたものです。

何度かその旨を裏の住人に

伝えたのですが、

『当方の敷地のものに文句を

言われる筋合いはない!』

と、頭ごなしに断られ、半ば諦め

かけていました。

しかし、ある風邪の強い日にとうとう

老木の枝が折れ、

その太い枝は我が家にではなく

隣接していたもう一軒の民家に倒れこんだのです。

屋根の瓦も割れ落ちそれはひどい状況に

なっておりました。

その一件で損害賠償まで話が発展し、

ついにその老木は切り倒される運びとなりました。

老木が切り倒されてから1年。

そこには6階建ての立派なマンションが建ち、

そのマンションの最上階に裏の住人の祖母が

「管理人」として入居したという事でした。

ある夜の事です。

用事で出掛けていた私は駅から自宅までの

道のりを歩いておりました。

マンションは我が家への目印とも言えるほど

遠くからでもその姿を見せておりました。

マンションが近くなるにつれ、マンションの

屋上付近になにやらモヤモヤとした

霧のようなものがかかってる事に気が

ついたのです。

一歩ごとにマンションは近くに見えてきます。

そしてそのモヤモヤが何であるかもしだいに

見えてきたのです・・・・・。

霧状の白い煙の中には無数の生首が

浮遊しているではありませんか!!

生首はひとつひとつ違う顔をしており、

老若男女様々でした。

ただ、その顔の群れに共通したものが

一つだけありました・・・・・・。

全ての顔が満面の笑みを浮か

べているのです!!

それから数日後の事。

マンションの管理人である老婆が屋上から

飛び降り、亡くなってしまいました。

老人性の痴呆が原因と言われてはいましたが、

果たしてそうなのでしょうか?

何故って?

私が見たあの首の群れは老婆の住んでいた

部屋の真上だった事がひとつ。

そしてもうひとつは老婆が絶命した

直接の原因・・・・・。

老婆の死は飛び降りによる打撲が

原因ではないんです。

地面にあった木の小枝が喉を

貫いていたそうです・・・・・。

私にはどうしても老木の怨念と

しか思えないのです・・・・・。


スポンサードリンク

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます