【怖い話 実話】今だからこそ思い出して怖くなった話 長編 まとめブログ - 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ

おすすめ記事

【怖い話 実話】今だからこそ思い出して怖くなった話 長編 まとめブログ

霊体験じゃないけど、今だからこそ

思い出して怖くなった話です。

今から15年ほど前に半年ほど

ロンドンに留学していたことがあります。

IMG_1403s.jpg


フラット・ホテルというホテルとアパートが

一緒になったような所で

部屋はバス、トイレ、簡易キッチンが

着いているかいないか、

ランクによって分かれていました。

1階(グランドフロア)には

共同炊事場と共同トイレ、バスがあり、

ロビーとダイニングを兼ねた場所もあり、

テレビも設置されていて

住人のサロンのようなところでした。

住人はほとんど大陸ヨーロッパ

からのビズネスマン、ウーマン

留学生がほとんどで、東洋人は

私一人かと思っていました。

こういうところには必ず主みたいな

人が居るものです。

ドイツからの留学生でゲオルク

という年齢不詳の男子留学生が居て、

本人は人類学専攻で来ていると

言っていましたが、

メカ・オタクで、どこからか

電化製品を拾って来ては

自分で修理したり、改造したりしていて、

サロンのテレビも

ゲオルクが拾って来たテレビなんだそうです。

私も歓迎の意で不気味なラジカセを

頂きましたが、

帰国するまで重宝しました。

長期と言っても半年から1年ぐらい、

短い人ならば

1カ月で去ってしまうようなところでしたが、

ゲオルクは3年も居る主でした。

「もう一人、日本人が居るよ。」

紹介してくれた人は韓国からの留学生で

ヨングという名の女性でした。

ゲオルクはいつも私のことを日本人と

勘違いする。と言っていましたが、

父親が貿易商で16歳まで日本に

住んでいたヨングは

日本人と勘違いされてもおかしく

無いほど流暢な日本語を話し、

他にもドイツ語、フランス語、スペイン

語を話す語学に長けた人でした。

ヨングは父親の仕事の関係で

あちこちの国で生活していたせいか、

社交的で知性にも溢れ、品格もあり

本当の意味でのお嬢様といった雰囲気でした。

私はヨングと気が合い、すぐに仲良くなり

休日には一緒に買物に行ったり、

一緒に料理を作って、

サロンに集まったみんなと食べたりと、

これならば高い部屋じゃなく、

安い部屋でも良かったと後悔したほど

楽しい日々が続きました。

ヨングとはお互いの部屋に行き来したり、

ほとんど毎日と言っていいほど顔を

合わせていました。

私があと1カ月ほどで帰国する

ぐらいの時でした。

名前は忘れてしまいましたが、

ミスター・オクレを

エリートサラリーマンにしたような

30代前半ぐらいの

韓国からのビジネスマンが

新たに入居したのです。

愛想はとても良かったのですが、

サロンにみんなが集まっていても

中に入ることも無く、仕事の行き

帰りで顔を合わす程度でした。

オクレが来てから私の回りで空気が

変わり始めたのです。

ヨングはゲオルクのことを気に

入っていたのは知っていました。

内心、趣味が悪いな・・・とは

思いながらも好みは人それぞれですから、

暖かい目で見守るしかありません。

ゲオルクは何かと私に付きまとっていました。

しかしそれは恋愛感情ではなく、

メカ・オタクの彼はSONYにとても

興味を持っていて

日本=SONYのイメージがあり、

SONYの話しをしたくて来るんです。

ヨングは女の友情よりも(wゲオルクを

追いかけ始めたのです。

ゲオルクもまんざらでは無かったようで、

二人は付き合ったのでしょうか。

二人でこっそりと出かけることも多くなりました。

一方、オクレはヨングのことを追いかけ

回していたのです。

ヨングはオクレに付きまとわれて気持ち

悪いと私にグチを溢していましたが、

私は私で、恋のサヤ当てゲームを

傍観しながら

勝利はヨングかな?などと

内心楽しんでいましが、

帰国も近くなり、身の回りの

整理も始め、荷物を送ったりと

傍観どころじゃなくなりました。

学校がが最後の日になり、

クラスメイトたちがパーティーを

開いてくれて

帰りがすっかり遅くなり、タクシーで

フラットホテルまで帰ると、

ホテルから、ヨング、ゲオルク、

オクレの3人がコソコソと出て来て

小走りでホテル前の道を行くと

止まっていた1台の車に乗り込むのを

タクシーの中から目撃しました。

私がヨング、ゲオルク、オクレの3人を

見たのはこれが最後です。

残り2日あったのでゆっくり休日を

楽しもうとしたのですが、

大騒ぎになってしまいました。

イタリア人のイオーネがゲオルクに

テレビを修理してもらおうと

ゲオルクの部屋へ行ったら

部屋はモヌケの空になっていたのです。

私が昨夜目撃したことを話すと

ヨングとオクレの部屋へも

行ってみようということになり、

行ってみると二人の部屋も空なんです。

ビックリしました。管理人に問い

合わせると私が3人を目撃したその日、

3人が別々に急に帰国することに

なったと同じ理由で

部屋を引き払っていたのです。

ものすごく後味の悪い帰国に

なってしまいました。

私が日本に帰ってから3カ月も

しないうちに大韓航空爆破事件。

その数年後にはベルリンの壁崩壊に天安門事件。

怖くなったのは北朝鮮の拉致が

浮上した最近です。

当時、まだ若くて安全が当り前の

日本人だった私には

オクレがゲイでゲオルクがバイ、

3人で駆落ちなんて

お気楽なことを勝手に想像していましたが、

ゲオルクは東ドイツ、ヨングかオクレの

どちらかが北朝鮮。

ヨングが拉致されたのか?

それとも3人が工作員で狙われ

ていたのは私だったのかもしれない。

今思い出せばおかしな事ばかりでした。

サロンではみんなお互いに家族や

ペットの写真を見せ合ったり、

故郷や家族の話しをしていたのに

ヨングとゲオルクからは家族や国の

話を聞いた記憶がありません。

ヨングとはほとんど日本語で会話をしていたのに

日本の話しをした記憶も無いんです。

あの時、タクシーの中から3人に声を

かけていたら

どうなっていたんだろう。

不可解な15年ほど前の出来事でした。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 怖い話 実話【短編・長編・都市伝説・超怖い話・怪談】まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます